シスアド試験対策♪シスアドに必ず合格しよう! シスアド教材も紹介中!

シスアド.com〜絶対にシスアド試験合格してやる!〜 > 棚卸資産の評価方法 > 棚卸資産の評価方法

棚卸資産の評価方法

棚卸資産の評価方法

棚卸資産の評価方法には、以下の種類がある。

1.先入先出法
   先に仕入れた商品から順に払いだしたとみなして、払出単価を決める方法

2.後入先出法
   後から仕入れた商品から順に先に払い出したとみなして、払出単価を決め
る方法

3.移動平均法
   商品の仕入れのつど、数量と合計を平均しておいて、払出の際に、その時
点の合計金額を合計数量で割り、平均単価を求め、払出単価とする方法


先入先出法の場合、在庫の評価は高くなる
後入先出法の場合、在庫の評価は低くなる
移動平均法の場合、在庫の評価は両者の中間の値になる

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: