シスアド試験対策♪シスアドに必ず合格しよう! シスアド教材も紹介中!

シスアド.com〜絶対にシスアド試験合格してやる!〜 > シスアドってなに!? > シスアドについて2

シスアドってなに!?

シスアドについて2

「システムアドミニストレータとは1」で述べたように、企業から期待される技術にはさまざまなものがある。
初級シスアドでは、その水準を満たすための基本となるものを問われる。
そのため、さまざまな分野にわたり、多くの問題が出題される。
また、年齢制限がないため、平成6年から現在まで、100万人以上の人が受験している。
学生の中にも挑戦する人は多く、情報の知識を身につけるために受験する学生も多いようだ。

初級シスアドの資格を取得したからと言って、誰もがシステムアドミニストレータになれるわけではない。
情報処理関係の資格は、「基本情報処理」「ソフトウェア開発」などの情報処理技術者試験もあり、シスアド関係でいえば、「上級システムアドミニストレータ試験」もある。
初級シスアドに合格した人は、さらに幅を広げていって、将来に役立ててほしいと思う。


コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: