シスアド試験対策♪シスアドに必ず合格しよう! シスアド教材も紹介中!

シスアド.com〜絶対にシスアド試験合格してやる!〜 > パーソナルコンピューター > パソコンの記憶媒体

パーソナルコンピューター

パソコンの記憶媒体

CD−RやCD−RW、DVDなどの大容量記憶媒体は、コンパクトフラッシュやスマートメディアなどのメモリ媒体などチェックします。

磁気ディスク
HD(Hard Disk)・・・容量はすうGバイト〜数十Gバイトなどと範囲が広い。可般性はなく、据え置き型で、固定ディスクとも呼ばれてる。アクセスが速く、日常利用するプログラムやデータを保存しておく場所。


リムーバブルハードディスク・・・容量は、1Gバイトや2Gバイトなど。可般性があり、アクセスが速い。代表的な製品にJAZなどがある。


フロッピーディスク・・・容量は2HD(1.44Mバイト)、SuperDisk(120Mバイト)、HiFD(200Mバイト)がある。可般性があり、ワープロ文書などサイズの小さなデータ保管用通常利用される。2HDのアクセスは遅い。ただし、容量の大きい媒体(SuperDisk, HiFD)は速い。
@2HD
@スーパーディスク
@HIFD


ZIP・・・容量は100Mバイト、250Mバイトなど。可般性があり、アクセスは、FDより速い。


光磁気ディスク
MO(Magneto Optical disk)・・・容量は128Mバイト、230Mバイト、540Mバイト、640Mバイト、大きさは3.5インチが一般的。GIGAMOという規格は1.3Gバイトで、そのドライブは、通常のMOも利用できる。


MD(Mini Disk)・・・容量は、140Mバイト、大きさは2.5インチ。音楽用のものと媒体は同じで、データ記録用として利用できる。


光ディスク
CD(Compact Disk)・・・容量は650Mバイト、700Mバイト、大きさは12cm。CD−ROMはデータ記録用で読み出し専用。CD−Rは追記型で一回だけ書き込むことができる。CD−RWは、書き換え型で、何度でも書き込んだり消去することができる。CD−Rは各ドライブで読み出せるが、CD−RWはマルチリード型のドライブでないと読み出せない。
@CD−ROM
@CD−R
@CD−RW


PD(Phase change rewritable Disk)・・・容量は650Mバイト、大きさは12cm。PDドライブで、CD−ROMwp読み出せる。


DVD(Digital Versatile Disk)・・・容量はDVD−ROMの片面1層記録で4.7Gバイト、片面2層記録は8.5Gバイト、両面各1層記録で9.4Gバイト、DVD−RのVer1.0で片面3.95Gバイト、両面で7.9Gバイト、Ver2.0で片面4.7GバイトDVD−RAMの片面4.7Gバイト、大きさはすべて12cm。他にDVD+R、DVD−RW、DVD+RWなどの規格がある。


磁気テープ
デープストーリーマ・・・容量は数Gバイト〜数百Gバイトと大きく、システムのバックアップ装置に利用されている。その媒体にDATDDSQICなどがある。
@DAT、DDS、QIC


半導体ディスク
半導体ディスクまたはシリコンディスク・・・容量は数百Mバイト〜数Gバイト、半導体を使っているため、アクセスが高速で、とても高価。外付け型、ラックマウント型などがあり、可能性はない。


メモリーカード
スマートメディア
コンパクトフラッシュ
メモリースティック
SDメモリー
・・・容量は8M、16M、32M、64M、128Mバイトなど多くのタイプがある。大きさは45mm×37mm(スマートメディア)、36.4mm×42.8mm(コンパクトフラッシュ)、21.5mm×50mm(メモリースティック)、24mm×32mm(SDメモリ)。携帯情報機器(デジタルカメラ、PDAなど)の記憶倍谷利用される。

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: