シスアド試験対策♪シスアドに必ず合格しよう! シスアド教材も紹介中!

シスアド.com〜絶対にシスアド試験合格してやる!〜 > パーソナルコンピューター > データ形式関連

パーソナルコンピューター

データ形式関連

データ交換する場合に必要な知識が問われます。最近では、インターネットで利用されているデータ形式に関する出題が多いです。特に、JPEG、GIF、HTML、XML、PDFなどは覚えておきましょう!!! データ形式には何種類もあります。 特徴も覚えておきましょう!!!
形式名称 特徴
テキスト(Univerasal Serial Bus) JISコードASCIIコードなどの標準コードで作成されたデータ。改行コードやEOF(Emd of file)以外に制御コードを含まない。
RTF リッチテキストフォーマット。ワープロソフトの文書データの標準形式。図や表、フォントなどの情報ももっている。
CSV 表計算ソフトやデータベースソフトのほとんどがサポートしている形式項目をカンマで、レコード(行)を改行コードで区切ってる。
HTML ハイパーテキストマークアップランゲージ。ハイパーテキストは文書中に埋め込まれた言葉からハイパーリンクした文書を表示できるものであり、マークアップランゲージはタグと呼ばれる記号で文字の書体や大きさ、色などの制御情報を表す。
SGML 電子出版や大規模文章処理に利用されているマークアップ言語。
XML SGMLを基に、データベース情報を取り出すこともできるようにしているマークアップ言語。HTMLではできないタグを定義することができる。
VRML バーチャルリアリティのように3DCGを表示することができるようにした言語。インターネット上で利用されている。
TIFF 多くのグラフィックソフトで扱っているビットマップ画像の保存形式。LZWという方法の圧縮をすることができる。
GIF インターネットで利用されるLZW圧縮、256色ビットマップ形式。モザイク状態から徐々に表示されるインタレースGIF、画像を動かすアニメーションGIFがある。
PNG 画像圧縮形式。インターネットなどのネットワーク上で、WWWでの利用にW3Cが推奨している。
BMP Windowsで標準的なビットマップ画像形式。
EPS DTP標準的なページ記述言語であるPostScriptで作成した図や文書の保存形式。
JPEG 静止画像の表銃的な圧縮伸張形式。高い圧縮率では非可逆データとなる。フルカラーの写真データに多く利用されている。
MPEG 動画像の標準的な圧縮伸張形式。ビデオCDで利用されるMPEG1、DVDやハイビジョンなどでりようされるMPEG2、移動体通信に利用されるMPEG4がある。

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: