シスアド試験対策♪シスアドに必ず合格しよう! シスアド教材も紹介中!

シスアド.com〜絶対にシスアド試験合格してやる!〜 > システム設計 > システム運用の支援

システム設計

システム運用の支援

稼動率の計算問題がよく出題される。ただし、パターンが限られ、慣れればそれほど難しくない。確実に得点できるようにしよう!

稼働率の計算問題のポイント


稼働率の問題では、それぞれの式を覚えるよりも、考え方を覚えよう!

1.「稼働時間は故障間隔」、「故障時間は修復時間」のような言い方に惑わされないように!
2.「稼働時間は全体の時間から故障時間を引いたもの。」→稼働率はすべての確立から故障率をひいたもの。→1-故障率
3.「直列構成の稼働率は両方がともに稼動している確立」→稼働率の積→(稼働率a)×(稼働率b)
4.「並列構成の稼働率はすべての確立から両方とも稼動していない確立を引いたもの(どちらかが稼動してればいい)」→1-故障率の積→1−{(1−稼働率a)×(1−稼働率b)}

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: