シスアド試験対策♪シスアドに必ず合格しよう! シスアド教材も紹介中!

シスアド.com〜絶対にシスアド試験合格してやる!〜 > システム設計 > システム構築の基礎知識

システム設計

システム構築の基礎知識

●学習・出題ポイント


 シスアドが直接関与する部分ではないが、開発部門にエンドユーザー側の要望を伝えるため基本的な知識を身につける事を目的としている。
 ウォータフォール型開発、プロトタイプ型開発など、システム開発の工程を問うものが出題されやすい。

[システム開発の基本的な流れとその種類]

 基幹業務システムを開発する基本的な流れは「基本計画」(利用者の要求を聞きどのようなシステムにするか考える)→「外部設計」(システムの基本的機能を明確に規定する)→「内部設計」(プログラム単位での入出力設計を行なう)→「プログラミング」(プログラムをモジュール*に分割して書き動作を碓認する)→「テスト」(ユーザーの要望通りシステムが動作するか碓認する)である。
 システム開発の代表的な手法は
ウォータフォールモデル
プロトタイピングモデル
スパイラルモデル
の三つである。
*用語説明:
「モジュール」=処理内容によって分割されているプログラムの最小単位

[ウォータフォールモデル]

 一般的な基幹業務システムの構築として最もよく用いられる手法。
 「要求定義」→「外部設計」→「内部設計」→「プログラミング」→「テスト」と基本的な流れで、水が上から下へ流れるように上流の工程から下流の工程へ開発を進めて行く。各工程とも終わると次の工程へいく前にレビューを行なう。レビューの中で不具合が見つかればそこを修正してから次の工程へいく。

[プロトタイピングモデル]

 初めに試作品(プロトタイプ)を作成し、ユーザーインターフェースを確かめてから作成する開発手法。ユーザーの要求を碓認しやすくシステム上の問題を開発の初期の段階で解消できる。また費用の削減や開発期間の短縮などの利点もあるが、基本設計時にスケジュールの管理ができにくいなどの欠点もある。比較的小さなシステムの開発に向いている。

[スパイラルモデル]

 ウォータフォールとプロトタイピングの考え方を合わせたもの。短い期間に区切った開発サイクルを反復的に繰り返し、何度もテストを繰り返す。開発サイクルがスパイラル(螺旋状)に繰り返される事からこう呼ばれる。

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: